Stand alone形式でgmailを送付する | GoogleAppsScript入門

以前の記事ではスプレッドシート上でスクリプトを作成する方法を紹介しました。

今回はタイトルの通り、スプレッドシートを利用せずに単独で動作するスクリプトを作成します。

またGoogleサービスの1つであるGmailと連携を取る方法を紹介します。

ログ出力を試してみる

まずGoogleドライブのTopから左上の「新規」→「その他」→「アプリの追加」をクリックします。

利用するアプリのリストが表示されるので、GoogleAppsScriptを探してクリックします。

詳細画面が表示されるので「接続」をクリックします。

上記を実施すると新規からのメニューでGoogleAppsScriptが選択できるようになるため、クリックします。

以下の通り、スクリプトエディタが起動します。プロジェクト名(sample_script)部分を必要に応じて修正します。

スクリプトファイル名は左カラム部分から名前の変更が可能です。

まずは以下コードを追加して実行してみます。

function myFunction() {
  Logger.log("test message");
}

実行後にメニューの「ログ」→「表示」とすることでログ表示が確認できます。

メール送信を試してみる

続けてスクリプトのコードを以下に変更します。XXX@gmail.com部分は自分のアドレスに変更してください。

function myFunction() {
  /*
  * 送信先メールアドレス
  * メールタイトル
  * メール説明文
  * 送信元メールアドレス
  */
  GmailApp.sendEmail(
    "XXX@gmail.com",
    "送信テスト用タイトル",
    "送信テスト用本文",
    {
      from: "XXX@gmail.com"
    }
  );
}

実行すると承認が求められるので「許可を確認」をクリックします。

その後、アカウントを選択→詳細→「プロジェクト名(安全ではないページ)に移動」してください。

実行すると自分のメールアドレスからメールが来ていることを確認してください。

定期的に実行する

以前の記事を参考にトリガからの実行設定を行ってください。

応用してみる

今回、スクリプト単独で定期的に実行できる方法を紹介しました。

上記のコードだけでは何の意味もありませんが、定期的に何らかの処理を実行して結果をメールで送付することが出来るようになりました。

最後に外部サービスと連携してメールで情報を送付する方法を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました