GoogleAppsScriptで出来ること | 業務効率化・副業・プログラミング学習まで

この記事ではGoogleAppsScriptによって実現できること、習得することで得られるメリットについて紹介していきます。

事前準備がほぼ不要であり、言語仕様自体もシンプルなためプログラミング未学習の方でも入りやすい言語ですし、一通り習得することでクラウドソーシングサービス等での副業にも繋げていくことが出来ます。

GoogleAppsScriptとはなにか

様々なGoogleのサービスと連携することが出来る

Google Apps Script(GASとも呼ばれています)は様々なGoogleのサービスと連携して定期的に実行することが出来ます。

様々なGoogleのサービスと連携することが出来る
  • Googleスプレッドシート:Excelベースのスプレッドシート
  • Googleドキュメント:Wordベースのドキュメントサービス
  • GoogleKeep:EverNoteやOneNoteのようなメモ共有サービス
  • Googleフォーム:簡単にフォームを作成できるサービス
  • Googleドライブ:ファイル保存サービス。フォルダ、ファイルの作成・取得・更新等
  • Googleメール:メールサービス。スレッド・メールの操作が可能
  • Googleカレンダー:カレンダーサービス。予定作成・取得・編集・削除が可能
  • Google Contents:連絡先サービス。連絡先の作成・取得・編集・削除が可能
  • Google Map:地図サービス。静的地図の生成から距離の取得等が可能
  • Google翻訳:翻訳サービス

など、多数の無料サービスと組み合わせることが可能です。

前提知識のハードルが低い

GoogleAppsScriptはJavaScriptベースの言語で書けることがポイントで多少のコーディング経験がある方であれば問題なく利用可能です。

また感覚的にはVBA(Visual Basic for Applications)に似ているため、利用している方は違和感なく入っていけるかと思われます。

プログラミング経験がない方でも基礎的な文法を覚えながら、目に見える形で作っていくことが出来るため入門用としてもお勧めの言語です。

事前に準備する環境が不要

通常、何らかのアプリケーションを構築する場合は様々な準備が必要になります。

例えばiPhoneアプリケーションを実装する場合、MacPCが必要になりプログラミング用のソフトウェアであるXCodeの利用、アプリケーション公開には年会費を支払う必要があります。

反面、GoogleAppsScriptはGoogleが持つサーバ上で動作するため、GoogleAppsScriptを利用するために必要な環境はブラウザとインターネット接続、そしてGoogleアカウントのみです。

そのため基本は全て無料で利用することが可能です。
※無料版の場合、各サービスに利用制限がかかります。メール送信XX通まで等。ただし通常利用において制限がかかる閾値ではないため気にしなくても問題ありません。

Googleアカウントをまだ持っていない方は以下記事で作成方法を紹介していますので、利用前に作成してみてください。
Google アカウントを作成する | GoogleAppsScript入門

PCの起動をしていなくても動作させることが可能

通常、定期的に処理するアプリケーションを構築する場合、PCやサーバを起動させておく必要がありますが、前述の通り、Google上のサーバで動作するため、起動していなくても実行することが可能です。

こちらも事前のハードルという点では大きなメリットになります。

Webアプリケーション構築が可能

言語の書き方を覚えつつ、周辺の仕組みを知ることでWebアプリケーションとして公開することも可能です。URLも発行されますので、シェアすることでどなたでも利用することが可能になります。

簡単なホームページから情報登録サービス、情報管理アプリケーションの作成まで実現できます。

GoogleAppsScriptで出来ること

GoogleAppsScriptで出来ること

ここまでで利用ハードルの低さ、および実現できる範囲について紹介してきました。ここからは例を交えて実際にどういう風に便利なのかを紹介していきます。

様々な業務が効率化できる

上記の通り、普段仕事でも利用する方が多いと思われるwordやexcelベースのアプリケーションや日常利用している方も多いgoogleカレンダー、Googleメール等と連携出来ます。

更に定期的に実行して情報を加工することも可能です。

下記のように様々なGoogleサービスと連携することで今まで以上に効率化を目指すことが可能になります。

  • メールで受け取った内容を加工してカレンダーに登録する
  • Googleスプレッドシートの内容を定期的に処理してメールで送信する
  • Googleスプレッドシートを定期的にGoogleドライブにバックアップする

様々な情報を取得して集約できる

Twitter、Chatwork、Slack、LINEなど外部サービスともAPIと通じて連携できるため、内容と定期的にSlack通知する、処理が成功したらLINEに通知するといったことも可能になります。

またよく使われるケースとして定期的にAmazonなどのWebサービスの情報取得を行い、スプレッドシート上に保管し、何らかのルールを定めて定期的にメールやLINEで送信するといった自動化も可能になります。

翻訳Botのような良く見るアプリケーションも自作することが可能です。

この辺りの仕組みを覚えることで自分にあった最適な自動化をプライベート、仕事ともに推進していくことが実現できます。

副業に繋げることができる

GoogleAppsScriptは上記の通り、様々な場面で利用することが出来るため、一般的な需要も高いです。

かつ覚えることも他の言語に比べると少なく、ある程度の理解が進むと自分周辺の効率化だけではなく副業にも手を伸ばしていくことが可能になります。

実際に下記のようなサービスではGoogleAppsScriptを使ったスクレイピング(サイトから情報取得)の発注や簡単なWebアプリケーションの依頼もあります。

いずれも登録は無料なので、まずは登録してみてどういったものがあるかチェックしてみるのも良いでしょう。特にこれから始める人で副業まで考えている人にはモチベーションに繋がります

ランサーズ:国内最大手2社のうちの1つです。常にGoogleAppsScript関連の仕事募集があるため登録必須です。
クラウドソーシング「ランサーズ」

クラウドワークス:ランサーズと並んで国内大手のクラウドソーシングサービスです。ランサーズに比べると少ないですがスクレイピングや自動化案件があるため登録しておきましょう。
クラウドソーシング「クラウドワークス」

ココナラ:クラウドソーシングサービスではありませんが、様々なスキルを売り買い出来る場所です。ここでは主にGoogleAppsScriptを使った仕事を募集する形になります。上2つに比べるとお手軽さはあるので、まずはこちらで経験を積んで経験履歴に記載したうえで本格的に進めていくのもありかもしれません。
簡単!無料会員登録はこちら

転職に繋げることができる

プログラミング業界は長く売り手市場が続いているとはいえ、未経験だとなかなか転職は難しいことと転職後も苦労することが多いです。

そのためベストな選択肢としては上記の副業ベースで経験を積んでいき、他の言語にステップアップしつつ転職活動を行っていく考え方です。経験履歴にも当然書けますし、実際の利用者と機能をすり合わせして構築するというフローを経験していることは大きな武器になります。

実際に私も数多くの転職者や新卒の入社面接を担当してきましたが、上記のようなステップを踏んできた方も多く見られました。

また今回のGoogleAppsScriptで取り扱うJavaScriptは唯一のクライアントサイドで動作する言語※であり、今後もその位置は変わらないので以前から今後まで需要の高い言語です。
※GoogleAppsScriptはサーバサイドで動作する言語であることから多少の違いがあります

多少GoogleAppsScriptで扱う場合には制限がありますが、そのまま実際のJavaScriptにも入っていける知識を身に着けることができるため、スキル観点でも転職に繋がる言語だと考えています。

こちらの記事でも2020年度の3位につけています。
プログラミング言語人気ランキング2020、2位に「大躍進」したあの言語

https://tech.nikkeibp.co.jp/

またWebアプリケーションまで作成する場合はhtml/cssを覚える必要があり、この辺りをある程度コントロールできるようになれば、フロントエンドエンジニアとして様々な企業に転職活動を行うことが可能です。

転職する場合はリクルートエージェントを選択しましょう。いくつかエンジニア向けの転職サービスがありますが、やはりエージェント利用をお勧めします。業務上未経験でも受け付けてくれますし、上記の経験を活かしたアピール方法を提案してくれます。

GoogleAppsScript習得までのステップ

以下ページより少しづつ学んでいく記事を公開しています。こちらを実際に作りながら読み進めつつ、どういった事が出来るかを体験してみてください。

本を買って学ぶ場合、私もいくつか本を読んでみましたが、いずれもある程度のプログラミング言語経験者を想定している本が多いため、1からスタートしたい方には厳しい部分があります。

まずは下記を試してみて、継続していけそうであれば次のステップとして本の購入を検討してみることをお勧めします。 入門編だけであれば1日で完結できるボリュームです。

タイトルとURLをコピーしました