activate セル範囲を選択状態にする | GoogleAppsScript リファレンス Spreadsheet

スクリプトエディタ上のコードから選択状態にするコードを紹介します。

実行例 activate セル範囲を選択状態にする

こちらのセル情報からactivateを利用することで

以下のようにA1:B10までを選択状態とすることが出来ます。こちらの動作とコピー処理等と組み合わせることで取得したいデータを柔軟に選択する事が可能です。

リファレンス

activate()

rengeに対してactivate処理を実行すると選択状態となります。

実行サンプル

今回はA1:B10の範囲を指定するため以下の通り記述します。rangeを取得し、取得したrangeに対してactivateの実行になります。

function myFunction() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  // 選択範囲を指定します
  var range = sheet.getRange("A1:B10");
  range.activate();
}

実行に成功すると下記の通り、A1:B10まで選択状態になります。

指定する範囲やセルを取得するには以下の通り、section取得後にget処理を行います。

function myFunction() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  // 選択範囲を指定します
  var range = sheet.getRange("A1:B10");
  range.activate();

  // A1セルが取得できます
  var currentCell = selection.getCurrentCell();
  // A1:D10rangeが取得できます
  var activeRange = selection.getActiveRange();
}
タイトルとURLをコピーしました